おとなの自動車保険

おとなの自動車保険

おとなの自動車保険

自動車保険は、世代によってそれぞれ人気の高い保険があります。これは被保険者の年齢によって、保険料が違っていたり、重視するものが異なるからです。

 

したがって、これから加入する自動車保険を選ぶときには、自分と同じ世代に人気のある保険を参考にするのがよい方法だといえるでしょう。

 

保険料は事故を起こす確率に左右されるため、事故率が低い40代・50代 が割安となる保険料体系を採用している保険会社もあります。

 

これまで、通常の自動車保険は「全年齢」「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」「35歳以上」という年齢設定のため、35歳でも、50歳でも、65歳でも同じ保険料が適用されていました。

 

そこに目をつけたのが、最も事故率が低い40代・50代の保険料を下げられないか、ということです。これが「おとなの自動車保険」の生まれる背景となりました。

 

こういう新しい商品の発想のもとになるのが、現行制度の不合理点を解明するということです。よく考えれば、年代によって事故率が異なるのに同じ保険料を支払うというのは、支払うほうにとっては不合理なことです。

 

いかにこれに早く気付くか、これは保険のような社会保障システムの設計には、重要なポイントになってくるものであり、これが新商品開発の原点になります。

 

また、通常は年齢を重ねるにつれ保険料は上がっていきますが、「おとなの自動車保険」は、60歳を越えても保険料が急激に上がるようなことはなく、さらに70歳以上になると保険料は変動しなくなります。

 

こうして、高齢の方でも保険加入の敷居の低くなるような商品設計ができあがりました。さらに特約が充実していることも「おとなの自動車保険」人気の理由です。

 

40代・50代の方は、保険料と補償内容を見比べてみて、「おとなの自動車保険」をいちど検討してみてはいかがでしょうか。